東松山店からのお知らせ

2016年8月18日

丘カロート型五輪塔展示品

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは、お天気が今一不安定ですが、皆さん体調はいかだでしょか夏風邪も流行しているようですのでお気を付けてくださいね。

今日は、展示品が入りました。

丘カロート型和型五輪塔という墓石です。

【丘納骨(丘カロート)】について

お墓を納める納骨堂が地上にあるタイプのデザインをいいます。

カロートには地下型・地上型の納骨堂があります。

【五輪塔とは】

五輪塔は、いつの日か大きな仏の力により、一大光明を発して、死者を再生させる大きな力となるといわています。

その形はあらゆる物体の基本形だという。

物質界の五輪だけでなく、精神的な魂を吹きこめばそこに生命力を発揮する。

死者の魂は不滅であり、物質界の根元である四大・・・地・水・火・風に空を加えて五大

五輪を供養すれば、生命力が溢れ出て功徳絶大とお経に書いてあります。その五輪塔そのものが仏菩薩の身体を表現しているのだそうです。

そこで、この丘カロート型五輪塔はどんな石でできているのでしょうか?

石種はインド産:アーバングレーを使用しております。

【アーバングレーの特徴】ですが

産地はインド:透明感のある中目の石で、石目も美しい。明るい雰囲気をもつインドを代表する石の一つです。

産出量、品質ともに安定していて、インドG623ともいわれている。

経年変化も少ない。和型墓石・洋型墓石ともに使われていて、外柵材としても多く使用しております。