熊谷店からのお知らせ

2016年11月12日

だいだらぼっちと言われてみたい

ここ最近は急に寒くなりましたね。

木枯らしがビュービュー、木の葉はカサカサ、

空き缶はカランカラン、猫はこたつでニャーニャー鳴いております。

 

このきびしい季節には、北風に冷えた心とからだをあたためる

あったかおでんやホットココアなどが恋しいですね。

 

さてさて、そんな寒さも吹き飛ぶような謎画像を

おめにかけたいと思います。

 

 

じゃじゃじゃーん

 

 

 

 

 

 

 

p1020550

 

↑の画像は秩父の長瀞町に堂々と聳え立つ、大わらじです。

ジャイアント馬場でも困惑するとてつもなさです(゜Д゜)

まさにだいだらぼっち仕様。せいせいするほど、成長期。

確実に下駄箱収納不可能です。

一体、なぜこんなメジャー級のわらじがあるのでしょうか?

 

実はこの上長瀞地区に古くから伝わる疫病神除けのおまじない

なんだそうです。

もしも、いろいろな悪い病気をもたらす神様達が村に入っていこうと

するとき、わらじの真ん中に空けてある穴からのぞき、

 

この村にはだいだらぼっちの兄弟分がいるみたいだ」

 

と神様らしからぬ早とちりをして、退散するそうです。

 

実に、興味深い伝統行事です。古き良き日本の風景ですね。

因みに、秩父B級グルメでわらじカツ丼があります。

器からはみ出る位、ボリュームがある美味しいカツです。

秩父へ遊びに来た際はぜひぜひご賞味下さい。