藤岡店からのお知らせ

2017年2月16日

お通夜での出来事

こんにちは 毎日寒い日が続きます。

でも日差しは強くなってきました。紫外線対策しないとですよ☀

 

先日、お世話になった先輩のお通夜に行ってきました。

帰りがけにスタッフの女性が「ハガキには塩が入っていませんので

欲しい方はどうぞ」と。。優しい♥

(さては経費削減かな、ゴミも出るし。。。)

家に帰り会葬御礼をあけてみると、御住職のお手紙が入っていまして

お手紙の内容は

「清めの塩について」

葬儀における「清めの塩」「清め水」と呼ばれる風習は、死はケガレ(穢れ)

であり、ケガレはうつるから、近寄りたくない、関わりたくない、逃れたい

という考えから生まれたものです。

昨日まで一緒に生活していた家族、お付き合いしていた友人、お世話になった

方々の死が「穢れている」といえるのでしょうか。

浄土真宗の教えでは、死を「往生」と教えます。「往生」とは、浄土に生きて

生まれるという意味です。亡くなられた方を仏様と仰ぐのか、それとも

「穢れ」として忌み嫌う(いみきらう)のかとでは、大きな違いがあるのです。

ですから、本日の通夜、ご葬儀では、浄土真宗の教えによりまして、

会葬御礼には「清めの塩」が入っておりません。ご了承ください。とありました。

ごめんなさい。。。世間知らずでした。

もう一つ、女性スタッフのお話。。。

通夜のお経の最中に咳をしていたおじいちゃんがいまして、女性スタッフが

近づいて行き、何かを手渡していました。おじいちゃんは何やら口に

入れていました。 アメ玉だったのです。

ちょっとした気配り、目配りで悲しいお通夜でしたがなんだか

心がホッコリしました。(*^_^*)