なぜお彼岸にお墓参りをするのか?

もともと、彼岸という言葉は仏教用語ですが、気候の変化が四季ではっきりする日本独自の風習的な物です。
仏教が伝わる前の自然信仰の時に、「春の豊作願い」「秋の収穫感謝」が、仏教と結びつき彼岸が定着したと言われております。
お願いをするのに「神様・仏様」であり、春・秋のお彼岸の際に、ご先祖様にお願いをするのが、定着してきたようです。