新しいお墓に夫婦両家一つにしてよいか?

昨今の少子化により、一人っ子同士の結婚、子供は女の子だけでお嫁にいきお墓の継承者がいないなどの問題もあるようです。しかし、他家に嫁いだという考え方よりも、姓は変わったものの、嫁ぎ先と実家とを平等に考えることの方が自然になっています。夫側も養子ではなく妻側の両親と住むという場合も意外と多いものです。住宅に二つの表札が掲げられているように、お墓も両家一緒にという両家墓が、無縁にならないための切実な対策のひとつです。ただし、現実はそれほど単純ではなく、両家の宗派が違う場合や、次世代の承継者問題、墓石に彫る文字やデザインの問題等もあります。特に宗派の違う場合は大変で、公営霊園ですと宗教宗派不問ですが、寺院墓地や民営霊園はかなり難しくなります。トラブルの原因にならないようお墓を建てる前に、使用規則を聞き、事前の相談が必要です。両家墓と言っても、両家の家名を墓石に彫らず、家族で相談して心に残る言葉などを刻むのも良いでしょう。