群馬県庁

高さ153m、当時は都庁を除いて日本一高い建物。低層部にふんだんに石材が使われている。
形はシンプルだが、大変な施工が多かったです。たとえば円形のスロープは、石材が一枚一枚違う形状である。群馬県庁は名実ともに「群馬一」でなければならない、その強い意気込みの現場、この工事への参加は大変名誉なことであった。

所在地
群馬県前橋市
用途
庁舎
竣工
1999年
群馬県庁 館名板
中国御影石 黒/本磨き
900×900×50t
車路
中国御影石 G-603/バーナー
200×100×50t
昭和庁舎スロープ
中国御影石 G-603/本磨き
600×600×30t
床 レリーフ
中国御影石 多種/本磨き
ニューイヤー駅伝 銘板
中国御影石 黒/バーナー
400×400×50t